スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やきとり塾を作った理由・・・

共同経営者の兄貴は、元大手ちゃんぽんチェーンの経験者。私は大手ファミレスチェーン経験者。共に15年位の勤務経験です。
なので、なんとなく店舗展開をすることが普通の流れだと、共通認識していました。 おそらく・・
2006年8月に小倉室町店をオープンし、2007年5月には小倉室町店を抜けて2007年7月に鳥花中間店をオープン!
その後、小倉店は大ブレークです。

やはり、そうなると、見習い希望(独立希望)の方が、やってくるわけです。元ちゃんぽんチェーンの兄貴の後輩Hくん。
後輩といっても、同じ店舗での勤務経験はなかったそうです。(H君の奥様と兄貴はどこかの店舗で一緒に勤務経験あり)
面接時の第一印象は、むりかな?だったそうです・・・

兄貴「無理だと思うからやめといたほうがいいよ」
奥様「やらせてくれると言ったじゃないですか?」   兄貴 やらせてあげたい・・・でも無理だと思う!

鳥花初のFCがスタートしました。保証金をあずかり、H君の収入が足りない時は保証金から引き出す。
 この時点ですでに、前提が失敗する事になってましたね。

その後店舗をH君に任せ、兄貴は次の出店先を決め、小倉室町店を後にしました。
23席の店舗としては超繁盛店を、半年で月商で60万位ダウンさせてしまいます。
その後も、H君の悲劇は続きます。パートナーの奥様は実家に帰りました。
売り上げの上がらない状況でH君は、お客様ポイントカード(有料)等をやめました。
さらに、売上に影響し、四方八方塞がふさがって、H君、疲労困憊状態です。・・・

店の点検に、鳥花オープン前の時間に兄貴が、シャッターを開け店内に入ろうとした時に、見てしまいました。
H君が、家にも帰らず、最終下げ物が残ったテーブルで、インスタントラーメンが出来るのを待っている間に
眠りこけてしまっている姿を・・・・もちろん、ラーメンはのびのびです。
こうして、鳥花初のFCの試みは残念な結果となってしまいました。

・H君の希望をもっとなんとか出来なかったのか?
・面接の時、なぜ兄貴は「無理かな?」って感じたのだろう?
・1人起業に必要な事は何なのか?
・どうして今までうまくいっていたお店が、急にダメになってしったのか?(FCで失敗する理由はなんなのか?)
・経営者に必要な事って何だろう?
H君の気づきを無駄にしてはいけない!

・・・と、遠く離れた鳥花中間店のオープンをやりながら感じていました。torihana





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

とりたろう

Author:とりたろう
こんにちは、資金ゼロからの
 1人起業!

「やきとり塾」
  塾長のとりたろうです。

独立に興味のある方は覗いて下さい。

     
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。